バックアップ機能

バックアップ機能とは、コンテンツおよびモジュールの情報をバックアップファイルに保存し、
必要に応じてリストア(復元)できる機能です。不要になったバックアップファイルは随時削除してください。

STEP.1

コントロールパネルの[admin][システム]③[バックアップ]を順にクリックして、
“バックアップダイアログ”
を表示します。

STEP.2

「タイトル」にバックアップファイルの名前(日本語可)を入力し、
②[バックアップ開始]ボタンをクリックするとバックアップを開始します。

STEP.3

バックアップ完了のメッセージが表示されます。

※ログアウト時に自動的にバックアップをとっています。また、バックアップできる件数には限度がありますので、ご注意ください。

リストア(復元) 以前バックアップした時の状態に戻したい場合は、戻したいバックアップの右にある
③[リストア]ボタン restorをクリックしてください。
削除 削除したいバックアップの右にある④[削除]ボタンdeleteをクリックすると、
データを削除できます。
ダウンロード バックアップファイルをダウンロードしたい場合は、
ダウンロードしたいバックアップの右にある⑤[DL]ボタンDLをクリックしてください。

コンテンツ編集時の簡単バックアップ方法

フリーページなどを編集している際に、[OK]ボタン[Save]ボタンを押すと編集前に戻すことができません。

「もしものときに備えてバックアップをとっておきたい!でも、毎回毎回バックアップ機能を使うのは大変!」
という場合のおすすめの方法です。

  1. ツールバーの[ソース]ボタンsourceをクリックします。
  2. 表示されたHTMLソースをすべて選択してコピーし、「メモ帳」など、ご自身のパソコンにインストールされている簡易テキストエディタを立ち上げ、新規ファイルに貼り付けておきます。
  3. 再度[ソース]ボタンをクリックして、通常の編集画面に戻り編集を再開します。
  4. その後、テキストファイルの貼り付けた内容をすべてコピーし、同様の手順でソース画面に上書きします。